感性論哲学とは





「感性論哲学」は、哲学者 芳村思風先生が30数年前から提唱している「感性」を原理にした哲学です。

感性とは「心の底から湧いてくる本音」「実感・欲求・欲望・興味・関心・好奇心・感情」です。

感性が持つ基本的原理は、「自己保存の欲求」と「種族保存の欲求」です。




人間において

自己保存=「意志」

種族保存=「愛」

と表現されます。




人間的な生き方をするためには「意志の実現」と「愛の実現」が必要です。

この二つを実現することで初めて幸福が実現できるとしています。

「感性」の本質は「求感性」(ぐかんせい)という能力です。

感受性ではありません。

自ら求めて感じようとする力です。

感性は「感性の3作用」と呼ばれる3つの作用を持っています。





何が一番適切な行動であるか?

何が一番適切な言葉か?

などの判断を常に探り求めながら活動しているのです。




感性は





として働いています。


意志を実現する“自己実現”

愛の実現による“素晴らしい人間関係づくり”

この二つを達成するために「求感性」と3作用の力を働かせながら

本当に納得できる心を満たすものを最後の最後まであきらめることなく求めていくのです。


「これだ」というものをつかむために感性の求感性と3作用を使うことです。




“コツ”や“カン”はこの3作用の働きなのです。




コツやカンを求感性の働きと一本化させることにより心を満たし、自分を納得させるものを求め続け、本物の人間の生き方を求めていくところに感性論哲学の存在意味があるのです。


もっと詳しく知りたい人は芳村思風先生の感性論哲学ホームページをご覧ください。

岡山思風塾はこちら



Copyright @ 2017 クオーレ All rights reserved